ユーザーの視線を意識してページレイアウトを考えよう!

Pocket

「Z」の法則って知っていますか?

人がチラシやホームページ、棚の陳列を見る際に「Z」の字のように

左上⇒右⇒左下⇒右

の順番で視線を動かす法則のことを「Zの法則」といいます。

 

zの法則だよ

また、Webサイトの場合は「F」の法則が重要であると言われており、名前の通り「F」の字のように

左上⇒右⇒下

のように視線が移動する場合が多いと言われています。

 

Fの法則

この「Zの法則」と「Fの法則」を意識することで、ユーザーに見てもらいたいコンテンツを適切な位置に配置することができます。

 

一番見て欲しいものを左上に配置しよう!

 

「Zの法則」にしても、「Fの法則」にしてもユーザーが一番最初に見るのは左上であるといわれています。

それなので、最も見てもらいたいものは左上に配置しましょう!

amazoncapture

amazonより

 

このページも一番見て欲しい本の表紙を左上に配置し、

その本の紹介文はそのまま右にと、視線の動きを意識した作りになっています。

 

まずは、ユーザーに一番発信したい情報はどこなのか優先順位をしっかりとつけてからページの配置を決めることが大切です。

 

この法則はもちろん全ての人に当てはまるわけではありませんが、こちらの法則を参考にしてページレイアウトを見直してみると新しい発見があるかもしれません。

 

是非、お気に入りのサイトや、ネットショップのWebページがどんな構成になっているのか改めてチェックしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

ミジンコ

ミジンコ

新入社員のミジンコです。気になる情報をドンドン発信していきます!小さな脳みそでも大丈夫!