ミジンコの思ったこと~「さらば楽天 自前サイトで勝負」を読んで~

Pocket

4/17の日経MJで「さらば楽天 自前サイトで勝負」という記事が一面で紹介されました。

170417_nikkei_mj_saraba_rakuten-700x315

 

こちらの記事によると楽天市場からECショップが撤退していく理由は以下の通りです。

 

・楽天市場のモールで買ってもらうためには競合の商品よりも少しでも価格を下げたり、目立つデザインにする必要がある

⇒モールでは価格競争が特に激しいため、他店と同じ商品を取り扱っていたら最安値でないと買ってもらえない

⇒自社ブランドのイメージを保つことより、楽天のイメージに寄せてなるべく目立つようなデザインにしなくてはならない

 

・外部リンクが制約で禁止されている

SNSとの連携ができず、集客がしにくい

【まとめ】 

自社のサイトであれば、上記のような制約を受けることがないため、ブランドのイメージを保ったまま、顧客のニーズに沿ったECショップを作ることができる。

楽天のモールから退店する企業は続出している、

 

とのことでした。

今までは、「少しでも安い商品を買いたい!」という消費者の気持ちから、何か欲しいものが決まっている場合に、モールで商品検索をすることが多かったように思います。

 

今後はもっとECと生活との関係が密接になり、インターネット経由で欲しいものを買うだけでなく、

必要なものを継続して買うことが当たり前の時代になります。

 

そのような時代の変化にショッピングモールの形式だと対応していくことは難しいのかもしれないなあ、と個人的には感じました。

 

自社のECショップでブランドイメージを確立し、そこから継続的に購入してもらうモデルが今後は増えていくのかな…と思いました。

079

https://hokuohkurashi.com/

 

私の好きなECショップのひとつに「北欧、暮らしの道具店」があります。

こちらのサイトこそブランドイメージを確立し、買いたいものがあるからそのショップを見にいくというのではなく、

また、ここのお店で買いたいからショップを見にいく」というモデルを作れているのではないかと思います。

商品紹介だけでなく、お客さんを楽しませるコンテンツが沢山あり、ECショップでも買い物は楽しい!と思わせてくれるような素敵なECショップだと思います。

 

少々個人的な感想が長くなってしまいましたが、今後はとにかく安く!目立つように!という競争よりも、質が高くお客様に喜んでもらえるようなECショップが安定して人気がでるのではないだろうかとそんなことをふと思いました。

 

 

 

 

ミジンコ

ミジンコ

社会人2年目のミジンコです。気になる情報をドンドン発信していきます!小さな脳みそでも大丈夫!