「ググる」時代は終わった!? 検索ツールとしてのSNS

Pocket

こんにちは。ミジンコです。秋も深まりつつありますね。
秋といえば食欲の秋ですよね。

ミジンコはドンキ・ホーテの店頭で売られている焼き芋(108円)が大好きです。

%e3%82%84%e3%81%8d%e3%81%84%e3%82%82

さて、今回は国内利用者が1,200万人を突破したInstagramに注目してみようと思います。

 

検索ツールとしてのSNS

多くの人は、「美味しいハンバーガーが食べたい!」と思ったらGoogleで「ハンバーガー 渋谷」と検索しますよね。

しかし、最近はSNS(主にTwitter、Instagram)を検索ツールとして利用する人が急増しているのです。

%e5%9b%b3

http://eczine.jp/news/detail/2779

 

ググるよりも、SNS検索

なぜ、SNSで検索するのでしょうか。
それは、消費者としてのリアルな声が載っているからです。
お店のサイトや、ブログももちろん魅力的ですが、あくまで載っている写真はプロが撮ったもの。
一方Instagramは、プロではない一般の人たちが、行った場所、食べたもの、買ったものなどを撮影し、リアルな感想をコメントしていますよね。

例えば、「#紅葉」と検索したら、リアルタイムにユーザーがアップした写真が見られるので、見頃の時期がわかるし、「#沖縄旅行」と調べたら、皆が沖縄でどのようなところに観光に行くのかがわかります。

 

「ハッシュタグ検索から購入」が4割超え

 

また、株式会社サイバー・バズによると、


「Instagramにおいてハッシュタグ検索をした結果を参考にして、商品やサービスの購入に至った経験はあるか」の質問に対し、41.5%が購入した経験があった。なお、20代が60.5%と最も高い数値となった。
https://www.ecnomikata.com/ecnews/11212/


とあり、もはやInstagaramはひとつのマーケティングツールであると言えますよね。
もちろん商材によって相性はありますが、まだInstagramをやっていないというショップ運営者の方は、ぜひInstagaramをはじめてみてはいかがでしょうか!

 

%e3%83%9f%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b3%e5%87%ba%e7%95%aa%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%81%84

ミジンコ

ミジンコ

新入社員のミジンコです。気になる情報をドンドン発信していきます!小さな脳みそでも大丈夫!