『メルカリアッテ』を使ってみた!利用した感想とメリットデメリット

Pocket

 

こんにちは、ミジンコです。みなさま週末はどのように過ごされましたか?

ミジンコは、今週引越しをする予定があるので、週末はずっと荷造りに追われていました。なるべく手軽に引越しをすませたかったので、不必要なものは極力持っていかないことに決め、プリンターやコンポ、本棚、カラーボックスは新居に持っていかないことにしました。

 

でも、まだ綺麗だし捨ててしまうのはもったいないけど、売りに行ってる時間もないし、一気に運ぶ手段もない・・・

 

そんな時に、『メルカリアッテ』というアプリに出会いました。

 

 

『メルカリアッテ』とは?

メルカリアッテとは、名前の通り人に直接会って品物を渡すので、送料や手数料がかかりません。(メルカリは10%手数料がかかりますよね)

また、服や家具だけでなく、「1,000円で英会話教えます」とか「近所でお花見をしましょう」などサービスや、仲間を募っている人もいました。

 

mercari-atte-can-not-close-items-screen

 

とりあえず実際に使ってみた

 

メルカリアッテでは、不必要なものを無料で譲っているひとが多く居ましたので、ミジンコもまずはプリンターを無料で出品してみました。

すると、1分もたたないうちに3件もの応募がありました!(メルカリアッテは、購入したい人から「応募」がきて、出品者が誰に譲るか決めます)

応募してくださった方の中で、今日中に車で近所まで取りにきてくれるとのメッセージがあったので、その方に決めました。

%e3%81%a4%e3%81%b0%e3%81%95%ef%bc%92

 

だいたいの住所を教えて待つことおよそ30分・・・

家の近くに着いたとの連絡があったので、プリンターを持って道路にでるとそれらしき車が!

 

相手「プリンターを譲ってくださるアッテの方ですか?」

%e3%83%9f%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%ab「はい、そうです!これどうぞ!」

相手「ありがとうございます!無料でいただいてしまって…大切に使わせていただきますね!!(とびきりのスマイル)」

%e3%83%9f%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%ab「はい!使ってください!それでは!」

って感じのやりとりをして1分くらいで取引は終了となりました。

会うまではどんな人がくるか分からない不安が大きかったのですが、商品を渡したあとはなんだかいいことをした気持ちでいっぱいになりました。人に喜んで貰えると嬉しいものですね・・・

 

取引の流れはこんな感じで、週末を使って男性2人、女性2人の計4人に直接会って品物を受け渡しました。

すべて、家の近所or最寄駅で受け渡しをさせていただき、トラブルもなく、あっという間に部屋は片付きました。

 

使ってみたメリットと、デメリット

 

不用品を捨てるのはもったいないし、譲ることで誰かに喜んでもらえるというのはこちらも嬉しい気持ちになりました

しかし、会うまで顔もわからない人との取引はやっぱり抵抗がありましたし、ネット上には受け渡しの約束をしていたのに、ドタキャンされたというユーザーの声もありました。

 

まとめ

・直接会って取引をするので、梱包や配送をする必要がなく手軽に利用できる。(クレジットカードの登録なども不要)

・商品を手渡しするため、画像と実物が違うなどのトラブルが少ない

・やりとりがチャット形式で簡単にできる

自宅付近で初対面の人と取引するのが不安な方は、友達や家族に立ち会ってもらうと安心かもしれませんね!

 

ミジンコ

ミジンコ

新入社員のミジンコです。気になる情報をドンドン発信していきます!小さな脳みそでも大丈夫!