ヤマト運輸の配送時間帯変更に伴うショップ側の対応について

Pocket

先日ヤマト運輸が再配達の締め切りの時間と、配送時間帯を変更することを発表しました。

 

宅急便のサービス内容の変更について[2017年3月17日]

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170317.html

 

このようなサービス内容の変更が行われた背景には、社員の働き方を改善したいという目的があるようです。

 

昨今のEC市場の拡大に伴い、物流も増加、しかし労働人口は減少しているという現状があり、現場では過酷な条件の下配達をしなくてはならないという深刻な状況があったそうです。

 

変更点は以下2つ

①再配達の締め切り時刻の変更13966_2_yamato

こちらは414日(月)から適応される。

再配達の受付時間が約1時間短くなっているので、今後再配達を頼みたいときには注意する必要がある。

 

②配達時間帯の指定枠の変更

13966_3_yamato1

2つ目は、配達時間帯の指定枠の変更である。

こちらの大きな変更点は、お昼の時間帯12時~14時を廃止している点と、最終配達の時間帯が20時~21時⇒19時~21時に変更となっている。

また、ショッピングカートのカラーミーショップでは、いち早く加盟店向けにネットショップが上記ニュースを受けてショップ側がどのように対応したらよいのかアナウンスしている。

 

 

 ネットショップを運営されている方の中で配送サービスはヤマト運輸を利用している方は、カラーミーショップを利用していなくても一度見ておくと参考になりそうな充実した内容となっている。

 

また、これを機にユーザーの利便性を考えて配送業者を変更することを検討しても良いかもしれない。

GMOイプシロンなら、配送料金が格安の400円~ 利用可能なサービスを提供している。

詳細はこちら↓

http://www.epsilon.jp/lp/lp_delivery.html?epTopMain

 

配送がリピート率に関係しているとの記事もあるので、この機会に一度配送について見直してみてはいかがでしょうか。

 

ミジンコ

ミジンコ

社会人2年目のミジンコです。気になる情報をドンドン発信していきます!小さな脳みそでも大丈夫!