注目の定期課金サービスを取り入れて売上アップを狙おう(前編)

Pocket

サブスクリプションとは?

最近よく耳にする”サブスクリプション”とは、日本語でいうと「定期購入」や「頒布会」にあたります。

今までは定期購入というと、定期的に同じ商品が届くというものでしたが、
最近流行っているのは、ショップ側が購入者に商品をセレクトし、毎月お届けするサービスで「サブスクリプションコマース」と呼ばれます。
お気に入りのショップが自分のために商品を選び、毎月届けてくれるのは特別感があり、アメリカでは2012年頃からファッションやコスメを中心に盛り上がりを見せています。
日本でも最近SAKE LIFEというおすすめの日本酒をショップがセレクトして毎月届けてくれるサービスや、GLOSSY BOXという1,500円(税抜)/月で、選りすぐりのコスメブランドから4〜5製品(サンプルや実際販売されている商品など)をユーザーの好みに合わせ提供してくれるサービスなどがあり、浸透しつつあります。
cosmebox

市場でのサブスクリプションコマースの注目度

アメリカでサブスクリプションコマースが人気となった背景には、情報過多のため、消費者が欲しいものを見つけられないというニーズに、うまく着目できたということがあります。

欲しいものはなんとなく決まっているけれど、もっと安くて良いものがあるのではないか…と何時間もスマホやパソコンにかじりついてしまった経験はありませんか?
これは、情報が多すぎるために消費者が自分で決めることが難しくなっている状況を顕著に表しています。

多忙を極めるビジネスパーソンや、主婦の方々のニーズとうまくマッチしたサブスクリプションコマースは、日本でも徐々に浸透しつつあるようです。

サブスクリプションコマースのメリット

サブスクリプションコマースには、購入者だけでなく、事業者側にもメリットがあります。

まずひとつめは、販売予測がしやすいため、在庫を大量に抱えてしまうリスクを軽減しやすいことです。
一押し商品を大量に仕入れたのに、今月はあまり売れずに大量に在庫が残ってしまった…という状況はネットショップ運営者としては避けたい状況ですよね。

ふたつめは、サブスクリプションコマースなら、どの商品をどれくらい入荷すればよいか、商品がどれくらい売れるか、という予測が立てやすいので、商品が大量に在庫になってしまうリスクが軽減できます。
また、ユーザーは定期課金で支払いをするので、安定した売上が確保できます。リピーターを作ることで、顧客と長期的な関係が見込めます。

サブスクリプションコマースで大切なのは、何と言ってもリピーターを作ることです!
豊富な商品知識を持って商品を選定し、顧客にいかに価値を提供できるか、がサブスクリプションコマースで成功する秘訣です。

今回は、最近海外で人気のサブスクリプションコマースについて紹介しました。
次回は、自分のショップで定期課金を導入する方法や、ポイントを紹介します。お楽しみに!

EC情報発信編集部

「売上向上委員会」は、ECサイトの売上向上をお手伝いする情報サイトです!http://www.epsilon.jp/uriagekoujoiinkai/index.html