注目の定期課金サービスを取り入れて売上アップを狙おう(後編)

Pocket

前回は、最近流行っているサブスクリプションコマースについてご紹介しました!

前回のおさらい

サブスクリプションコマースのメリット
① 販売予測がしやすい
⇒在庫を大量に抱えてしまうリスクを軽減できる!

② 安定した収益が見込める
⇒毎月定額の収益が入る

③ 顧客と長期的な関係が見込める
⇒リピーターを作ることがポイント!

サブスクリプションコマースを導入するなら、定期課金サービスが便利!

サブスクリプションコマースを取り入れるには、定期課金サービスで決済をすると便利です。
加盟店様が設定いただいた取引情報を決済代行業者が自動的にカード会社へ課金処理してくれるので、毎月データを送信する手間が省けます。

海外で人気のサブスクリプションコマースは、日本でもじわじわと浸透しつつあります。
一足先に、サブスクリプションコマースのビジネスモデルを作ってみてはいかがでしょうか?

定期課金を取り入れるには?

では、どのように定期課金サービスを取り入れたら良いのでしょうか。
まずは、下の図を参考にして、自社のサイトが使っているカート、決済代行業者はどこなのか確認してみましょう。
無題

ネットショップを運営するには、決済が必要不可欠です。
決済代行業者によって、定期課金のサービスを行っているところと、そうでないところがありますので、まずは、現在利用している決済代行業者が定期課金サービスに対応しているか確認してみましょう。

定期課金サービスがある決済代行業者

GMOイプシロン
http://www.epsilon.jp/service/option/subscription_billing.html

ベリトランス
個別見積もり対応

Cloud payment
個別見積もり対応

※ショッピングカートによっても、定期課金に対応していないカートもあるので、一度使用しているカートも確認してみましょう。

これから日本でも流行ると言われているサブスクリプションコマースを取り入れて売上アップを狙いましょう!!

EC情報発信編集部

「売上向上委員会」は、ECサイトの売上向上をお手伝いする情報サイトです!http://www.epsilon.jp/uriagekoujoiinkai/index.html