売れているネットショップが最も重要視しているのは「ペルソナ設定」だった!

Pocket

「あなたのネットショップのメインターゲットは誰ですか?」

こう聞かれたら何と答えますか?

「20代~30代の女性、働いていて、未婚です。」一見この条件だけでペルソナ設定は十分に思えます。

しかし一口に20代女性といっても、ライフスタイルや、趣味思考で求めているものは全く異なります。

ネットショップのターゲットにしているお客様の職業や、ライフスタイル、よく読む雑誌まで掘り下げて考えたことはありますか?

実は、ネットショップ運営で一番大切なのは「ペルソナ設定」です。

自分の思い込みでペルソナを作って、運営しているなんてことはよくあることです。そこに気付かず運営を続けていると、コンセプト自体がブレてきてあまり魅力のないネットショップになってしまいます・・・。

「ペルソナって何だ~?」って人も「もうサイト作る前にしっかり考えたし、もう自分はちゃんと出来てます!」って人も一度立ち止まって考えてみてください。

まず、「ペルソナ」って何だ?

ペルソナ=仮想顧客のことです。

どんな人が自分のサイトで商品を買いそうか、また買って欲しいか考えていきます。

年齢、性別、住所、職業、年収、価値観やライフスタイル、などを考えていくとざっくりとペルソナが浮かびあがります。

その浮かび上がった人物像をもとにして、対象の関心事や、潜在ニーズを明らかにしていきます。

基本情報を設定しよう

・名前 

・年齢 

・家族構成

・住所

・家賃

・間取り

・職業  

・年商 

・業務内容 

・仕事の直近の目標…ect

 

そして非常に大切なのが、ペルソナの情報接点です。

ここを詳細に設定していくことで、今後の集客の方法や、サイトデザインがよりユーザーのニーズとマッチしたものになります。

・ターゲットの情報接点

「スマホがメイン(iphone:6s)」

・よく使うアプリは?

・よく読む雑誌は?

・よく見るTV番組は?…etc

また、仕事や、私生活における悩みを設定することで潜在ニーズが浮かび上がってきます。

・ビジネス上の問題

・私生活の悩み…etc

より絞ったターゲティングで長期的なファンを増やそう

オンラインショップにおいては万人受けするサイトよりも、コンセプトがしっかりとしていて、ターゲットとなる層のニーズをきちんと運営に反映できているショップの方が支持されます。

 

ペルソナを設定することでユーザーのニーズが明確になるので、サイトのコンセプトや、デザインも決めやすくなります。

一点注意したいのが、ペルソナ設定はひとりで行うと思い込みで進めてしまうことがあるので、なるべく複数人で行うと良いでしょう。

 

市場の動向や、ネットショップの拡大などでペルソナは常に変化しますので、定期的な見直しをしてファンの獲得に努めましょう!

ミジンコ

ミジンコ

新入社員のミジンコです。気になる情報をドンドン発信していきます!小さな脳みそでも大丈夫!