ネットショップの商品仕入れ時は、ここに気をつけよ!!

Pocket

早いもので・・・今日で9月も終わり明日から10月がスタートしますが・・・皆さんどのようにお過ごしでしょうか。
私は湿気による髪のうねりと毎日格闘しながら怒涛の9月を過ごしました。
今週は比較的晴れ、道端でも金木犀の香りを感じながら秋の深まりに独りワクワクしてます。

さて、既に年末に向け仕込みを始めている店舗様もいるかと思いますが、今日はこれから本格的に仕込みを始めるショップ様に有用な情報を提供します。

 

ネットショップを運営する上で、誰しも必ず最初に実施する事・・・それは仕入れです。
1点でも多く商品を売るためにサイト構築を工夫する事はもちろんですが、商品をいかに効率よく的確に仕入れるかが、ショップ様の売上を大きく左右するポイントとなります。

今回は、仕入れ時に認識しておきたい重要なワード・項目を抜粋し、仕入れ時に気にするポイントとして、是非今後のショップ運営に役立てていただきたいと思います。

【1】掛け率
【2】ロット
【3】納期
【4】精算方法
【5】在庫の量

213652

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【1】掛け率

掛け率とは、商品の販売価格に対する仕入れ価格の割合です。
6掛けと言えば、定価が10,000円の商品の場合、6,000円が仕入れ価格という事を指します。
既に販売価格が決まっている商品を仕入れる場合は、「商品が1個売れればどのくらいの利益が残るか」という観点を確認することが大切です。

 

【2】ロット

ロットとは商品を仕入れる際の購入単位のことです。
仕入れを実施する場合の多くが、注文時の最低購入単位が決められております。業者や商品によっては「1個ずつではなく複数個数まとめて仕入れる」場合や「○万円以上からの購入」というような条件が定められているものもあります。
そのため、商品の仕入れを実施する際は、事前にロットを確認しておきましょう。

 

【3】納期

納期とは仕入れ先に商品を注文してから手元に届くまでの期間のことです。
いつから商品の販売を実施するか等、具体的な日数が確定している場合は、そこから逆算し、前もってスケジュール感を考慮しておく事が大切です。

また、お客様からの注文を受けた後に商品を仕入れる「受注発注」の形式でネットショップを運営する場合、注文を受けた時点では、手元に商品がないことになります。そのため、そのような運用を実施する際も、仕入先からの納期をきちんと把握し、お客様に正確なお届け日を伝えられるよう工夫しましょう。

 

【4】精算方法

仕入れた商品の精算方法・タイミングは仕入先によって多種多様であり異なるため、事前に確認するようにしましょう。オンライン上での卸し取引に関しては昨今クレジットカード決済等が主流になりつつありますが、銀行振込や代引き決済等の精算方法等もあります。また、銀行振込や郵便振替に関しては、「前払い」「後払い」等精算のタイミングも異なる事がありますので、その点も含め注意しましょう。

 

【5】在庫の量

商品を仕入れるときに注意したいのが在庫の量!!!!!はじめてネットショップを運営されるショップ様には特に気にしていただきたいポイントです。
一番良い状態は、在庫を過大に持ちすぎず、最低限の注文時に欠品を出さないくらいの量を、少なく持つ状態が一番良いです。そのため、人気商品等の売れ筋上位の商品に関しては多めに仕入れ、余り動きがない商品に関しては極力在庫を控えるなどバランスを考え仕入れる事が重要です。

理想は商品の全てを手元に準備した状態で在庫をやりくりする事ですが、販売に慣れていないうちに大量の在庫を抱える事は大きなリスクを伴いますので、こまめに卸サイトの在庫状況を確認し、ネットショップを運営していく事をおすすめします。

 

上記5点に関しては、仕入れ時に必ず意識していただきたいポイントです。
今後もネットショップを運営している皆さんにとってより有益な情報を提供し、売上向上に繋がるヒントを共有いたします!